医療の真実 ~予防接種の危険性~

医療の真実 ~予防接種の危険性

現代医療の問題と真実

医療の闇は非常に深く、調べれば調べるほど、医者に言われたまま薬を飲み続けていると、自分の寿命を縮めてしまうことがわかってきます。大切な人の命を守るために、真実をおっていきます。

日本で子供が生まれると、当然のように時期が来ると予防接種を受けるように指導を受けます。しかしこの予防接種は真実の情報を知ると、多くの問題をはらんでいることがわかります。

危険な予防接種各種ワクチンには、重篤な副作用や後遺症の例(死亡例を含む)もあり、また近年増加しているアトピーや自閉症、不妊症との関係も指摘されています。
業界が隠したい、予防接種の隠された真実1
大切な人が抗がん剤治療を勧められ、治療を受ける前に、よくよく抗がん剤治療とはどのようなものか調査が必要です。
抗がん剤は増がん剤医者は自分には抗がん剤をうちません。
抗がん剤の嘘…抗がん剤治療は逆効果だった
近年、自閉症や、注意欠陥・多動性障害と診断される子供は、残念ながら非常に増えています。そして精神科に連れていくと、処方されるのが精神薬です。
精神薬現代はなんでも薬で解決しようとする時代です。
【自殺大国日本】いまだに続く『向精神薬』大量処方の恐怖
ある80歳の方は、12種類の薬を処方されていました。身近にいる方は必要のない薬を飲んでいないでしょうか。
薬の大量処方処方される薬をきっちり守ってすべて飲むと、かえって健康を害してしまう例が後をたちません
高齢者の薬
高血圧の薬を飲んでいる、そのような方が周りに大勢いませんか。
高血圧何度も変えられる高血圧の基準値。基準値を変えると患者数と薬の売り上げが急激に上昇するのです。
年を取ったら血圧は高くてよい
コレステロールが高めである、と診断される方もまた身近に多くいると思います。
コレステロール「悪玉」コレステロールは実は体の中で重要な役割を果たしています。
コレステロールは高くてもOK?今までの常識が覆った
健康のために受ける健康診断が、実は健康のためにならないという事実。
健康診断の罠健康診断は製薬会社の営業活動。営業活動ができない病院は、実は健康診断が患者を取り込む機会です。
検診が病気をつくる
過去の事件を見ると、常識の根底が間違っていた、そういう事例は山ほどあります。
輸血の罠血がなくなったら血を入れないといけない。本当にそうでしょうか。
輸血に関するウソ、赤十字社などの血液利権の巨悪犯罪

私たちは子供の頃から怪我をしたり、病気になったらまず医者にいくもの、と刷り込まれてきました。そして実際に症状が軽減された経験はだれしもあるから、お医者さんを信頼してきました。しかし、お医者さんの背後には巨大な製薬会社があり、薬の審査には厚生労働省があり、論文を審査する御用学者がおり、薬のイメージを洗脳するマスコミがいる。原子力村と同様の医療利権が存在しています。そしてその背後にあるものを調べていくと、人を人とも思わない存在がいます。この問題をどのように解決していくか、一緒に考えていきたいと思います。

情報を共有する

シロイクモを友人や家族に共有してください。

こちらの記事もご覧ください

シロイクモとは ~TVや新聞に載らない情報網~
健康の真実 ~2人に1人ががんになる~
医療の真実 ~予防接種の危険性~
なぜ戦争がなくならないのか
歴史の真実 ~改ざんされてきた歴史~
厳しい時代の波 ~世界統一政府主義の罠~
悪魔崇拝 ~世界の闇で実際にある~
今できること ~最初は一人から始まる~