記事詳細

人間の体内にも寄生している寄生生物が宿主の行動や性格をゆがめていることが判明 - GIGAZINE

Posted By admin 医療の闇

http://gigazine.net - 寄生虫トキソプラズマに感染すると生物の免疫システムを弱め、宿主の体内で繁殖しやすい環境を形成します。トキソプラズマに感染している人間の行動にはしばしば同じ特性がみられるそうです。例えば、トキソプラズマに感染している男性は内向的で、疑い深く、反抗的。トキソプラズマに感染している人々は感染していない同年代の人々よりも反応時間が遅いという特徴もみられました。

寄生虫に感染していると言われてもなかなか実感がわかないことが多いです。体内でほとんど影響がわからないように居座る寄生虫がいます。免疫力をあげたり、ココナッツオイルのような抗寄生虫効果のある食品をとるなどして対策をとりましょう。

コメントする

ログイン or register here

こちらの記事もご覧ください

シロイクモとは ~TVや新聞に載らない情報網~
健康の真実 ~2人に1人ががんになる~
医療の真実 ~予防接種の危険性~
なぜ戦争がなくならないのか
歴史の真実 ~改ざんされてきた歴史~
厳しい時代の波 ~世界統一政府主義の罠~
悪魔崇拝 ~世界の闇で実際にある~
今できること ~最初は一人から始まる~