最新情報 真実

パリ同時多発攻撃とイルミナティ―、フリーメーソン | カレイドスコープ

Posted By admin 真実

http://kaleido11.blog.fc2.com - 西側の支配層は、まるで、世界を新世界秩序に塗り替えるための通過儀礼でもあるかのように、第三次世界大戦は必要不可欠であると信じ込んでいます。
そのため、ISISやアルカイダ系と言われるテロリストの世界的なネットワークを築き上げたのです。

鳩山元首相「イスラム国とはCIAによって作られたものだ。」よくぞ言った!|wantonのブログ

Posted By admin 真実

http://ameblo.jp - 鳩山元首相
「イスラム国とはCIAによって作られたものだ。」
元総理大臣ということもあり、我々ネットの人間が
ツイートしたり、記事にするのとはまるで訳が違います。

地球温暖化は大嘘!CO2は関係ない!炭素税と原発推進のために意図的に広げられた!本当は寒冷化に向かっている地球!|真実を探すブログ

Posted By admin 原発 真実

http://saigaijyouhou.com - 地球温暖化の嘘は、原発推進と密接に関わっています。

「国際社会と近代史の実態を読む」 日本さえも支配する謎の組織

Posted By admin 真実

http://www.nikkimatsumoto.com - フリーメイソンリー、それは実在するグローバル秘密結社です。近年の情報手段の発達により、その存在が一層クローズアップされ始めました。私たちの暮らす社会、それを支える経済、そして政治や近代の歴史。その中でフリーメイソンとはどのような影響力を持つのでしょうか?日本にはペリー総督やマッカーサー等、多くのフリーメイソンが入り込み、日本政府との関係を深めました。彼らの意図とは?この報告書では、その詳細を明らかにしていきます。

インタビュー、アサド大統領 シリア国内での戦闘員支援におけるトルコ及び他の国々の役割について述べる

Posted By admin 真実

http://jp.sputniknews.com - シリアのアサド大統領は、チェコTVのインタビューに応じ「テロリストのための武器や資金は、サウジアラビアやカタール支援のもと、主にトルコ経由で流れている」と述べた。

これまでISを攻撃してこなかったことが発覚した米国政府は環境破壊を防ぐためだと弁明して失笑 | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ

Posted By admin 真実

http://plaza.rakuten.co.jp -  民主主義にしろ、人権にしろ、環境保護にしろ、本来の意味で使われるなら反対する理由はない。ところが、ひとたび、こうした単語をアメリカの支配層が口にした途端に話は違ってくる。自分たちの意に沿わない体制を破壊する口実として使われ、それによってもたらされるのは破壊と殺戮だ。民主主義も人権も否定され、環境は破壊される。

イスラム国と指導者バグダディの正体

Posted By admin 真実

http://www.y-asakawa.com - イスラム国は米国の国家情報機関CIAとイスラエルの諜報機関モサドによって擁立された部隊であったようである。イスラム国の兵士が使っている銃器の中に米国製のM16自動小銃器が大量に含まれていることなどから、そうした疑いはかねてから囁かれていたが、調べてみるとさらなる裏付け証拠を目にすることとなった。

トルコ軍機によるロシア軍機の撃墜は計画的だった可能性が高く、両国は兵力を増強して戦争の準備 | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ

Posted By admin 真実

http://plaza.rakuten.co.jp -  11月24日にトルコ軍のF-16戦闘機がロシア軍のSu-24爆撃機を撃墜したが、その直後にトルコ軍はシリアとの国境近くに20両の戦車と18機の戦闘機を配備したという。それに対し、ロシアはシリアに最新の対空システムS-400を配備すると決め、ミサイル巡洋艦のモスクワを海岸線の近くへ移動させて何らかの敵対的な行動が予想された場合は攻撃すると警告、さらに軍艦を地中海へ増派するようだ。

日本や世界や宇宙の動向 : トルコは国境を一方的にシリア側に移動させていました。

Posted By admin 真実

http://blog.livedoor.jp - トルコとアメリカのやっていることは中国がやっていることと、ほぼシンクロナイズドです。チンピラのやることはみな同じです。中国は南沙諸島や尖閣諸島を中国の領土と勝手に主張し、奪い取ろうとしています。

トルコ大統領息子とISが一緒にいる写真が流出・露パイロット一人は無事|世界の裏側ニュース

Posted By admin 真実

http://ameblo.jp - トルコのソーシャルメディア上には、トルコのレジェップ・エルドアン大統領の息子、ビラル・エルドリアンがイスタンブールのレストランで、ISISのリーダーとされる人物と会食しているところを撮影した写真が投稿されている。