最新情報 真実

戦争法案の最大の根拠にしている砂川最高裁判決の違法性を命懸けで暴露した山本太郎議員!|wantonのブログ

Posted By admin 真実

http://ameblo.jp - 『第三次アーミテージ・ナイレポート』に書いてあるとおり、
今回の安保法制、戦争法制も、原発再稼働も、TPPも、
特定秘密保護法も、防衛装備移転三原則も、サイバーセキュリティ基本法も、ODA大綱も全部、アメリカのリクエストであることを暴露。

佐野研二郎氏の五輪エンブレム“盗作問題”「損害賠償」を恐れる利権構造の闇 | 日刊サイゾー

Posted By admin 真実

http://www.cyzo.com - エンブレムの選定はもともと広告代理店の仕組んだ出来レースみたいなもんで、応募要項からして八百長。応募資格に組織委が指定した過去の7つのデザインコンペのうち2つの受賞者に限っており、多くの有力デザイナーを排除している。

「市場の原理(価格格差の秘密)」−6 「ダイヤモンドの幻想価格の維持が、殺戮を生んでいる」 - 金貸しは、国家を相手に金を貸す

Posted By admin 真実

http://www.kanekashi.com - 武器が、ダイヤモンドの幻想価格を維持するための密売を資金源として供給されているのだとしたら、ダイヤモンドの輝きは多くのアフリカの人々の血にまみれたもの、と言わざるを得ないだろう。

ダイヤモンドは永遠の詐欺 デビアス ダイヤモンドの陰謀 (再) #結婚 #ギフト - YouTube

Posted By admin 真実

https://www.youtube.com - ロスチャイルド傘下のデビアス社による必要以上に価値があるものと思い込まされてきたキャンペーン。

ダイヤモンド 南アフリカ ロスチャイルド デビアス 世界遺産 歴史

Posted By admin 真実

http://history.husigi.com - 1899年イギリスはオランダ系移民の末裔であるボーア人と戦争を始めました。彼らの居住地にダイヤと金が大量に埋蔵されていることがわかったからです。デビアス社は鉱山の買収をいっそう進めて南アフリカのダイヤを独占することに成功しました。深さ1200メートルのキンバリーのビッグホールは人間が掘ったもっとも深い穴だとか。熱くじめじめした地中でダイヤ掘りの危険な作業を強いられたのは黒人たちでした。彼らから人間としての誇りを奪い、反抗心を根こそぎにするための政策。それが「アパルトヘイト」でした。

敗戦の日 桜島噴火警報レベル4

Posted By admin 真実

http://coconut8352.seesaa.net - 発達する低気圧の上には 必ず人工衛星がいる。

JAXA 稼働中の人工衛星 にも書いてある。
http://www.satnavi.jaxa.jp/
マイクロ波放射計搭載のAqua
二周波降水レーダ(DPR) 搭載の GPM/DPR
準天頂衛星 みちびき(いつも天頂付近にいて
GPSを補完)

実は今も続く天皇財閥の支配(日銀,日赤,神社だけでなく日本財団,創価学会も) : めざまし政治ブログ

Posted By admin 真実

http://rakusen.exblog.jp - 天皇財閥の悪の源泉は「円による日本支配」で、日本の企業のトップである、金融界を日本銀行(日銀)を通して支配し、世界の金融支配者や自分の仲間にばら撒き、お金を運用・蓄財しているのだ。

中国の天津で大規模な爆発。中国が中国元の切り下げした直後。

Posted By admin 真実

http://velvetmorning.asablo.jp - 8月12日に中国の天津で大規模な爆発。これ、タイミングが、中国が中国元の切り下げした直後ですよね。日航機123便事故を思い出しました。あれも、プラザ合意のタイミングでしたよね。匂いすぎでしょう。

「この10月、世界的なパラダイムの転換が起こる」 | カレイドスコープ

Posted By admin 金融詐欺 真実

http://kaleido11.blog.fc2.com - 米国が金融崩壊すれば、物々交換市場ができるかもしれない
ギリシャの財政破綻まで時間の問題となったことを悟ったギリシャ市民は、早くも物々交換市場を各地で開きました。
BBCは、その初期の頃(2012年4月)のバーター市場の様子を報じています。(ボロスの物々交換市場) この時点で、実はギリシャの破綻は決定していたのです。

人類が地球にしていることを的確にとらえた写真11枚|世界の裏側ニュース

Posted By admin 真実

http://ameblo.jp - ここにあるのはインターネット上をここしばらく出回っていた、考えさせられる写真です。もし以前にご覧になっていたら申し訳ありません。しかし私たちはこの写真を私たちのサイト上にアーカイブを保管しておきたかったのです。
なぜなら、これらの写真は非常に貴重な思想の引き金となるからです。